こんまり®流片づけで、もうリバウンドしない!

こんまり®メソッド️には『5つの原則』があります。このルールに沿って、片づけを始めてみてください。
わからないことがありましたら、よくあるご質問のページもご覧くださいね!

ルール1
「理想の暮らし」を考える

あなたが片づけをしようと思ったきっかけはなんですか?

モノを捨てはじめる前に、一度じっくり、片づけの目的を考えることに取り組んでみてください。自分が「片づいた部屋で生活している様子」がありありとイメージできるくらい、具体的に考えるのがポイントです。

ルール2
「モノ別」に片づける

片づけられないのは、モノが多いから。モノが増えてしまうのは、自分が持っているモノの量を把握できていないから。モノの量を把握するためには、自分の持っているモノをカテゴリー別に収納から出して見てみることが重要です 。片づけるときには、場所別ではなく、モノ別に片づけていきましょう。

ルール3
触った瞬間に「ときめき」を感じるかどうかで判断する

片づけの極意は、「何を捨てるか」ではなく、「何を残すか」。残すモノを選ぶときには、モノを一つひとつ手にとって、触れてみることが重要です。体の反応を感じて、ときめくモノは残し、ときめかないモノは手放す。こうすることで、自分にとって「持っていて幸せになる」「心がときめく」モノだけに囲まれた生活を手に入れることができます。

ルール4
正しい順番で片づける

片づけをするときは、衣類、本類、書類、小物類、思い出品の順番で進めていきます。この順番で片づけることで、「ときめきでモノを選ぶ」ための判断力や感性が少しずつ磨かれ、スムーズに片づけを進めることができます。

ルール5
家にある「あらゆるモノの定位置」を決める

「ときめくモノ」を選び終わったら、すべてのモノの定位置を「一つ残らず」決めましょう。

一つでも住所不定のモノがあると、散らかる可能性が一気に高くなります。モノの定位置さえ決まれば、使ったあとは定位置に戻すだけで、片づいたおうちをキープできるようになります。

これらが、こんまり®メソッドで片づける際のもっとも大事ないくつかのルールです。これらのルールを押さえれば、必ずあなたのおうちもスッキリ片づくはず。これを読んで、私も理想のときめく暮らしを始めたい!と思った方、ぜひ本を手にとって、実際に片づけをはじめてみてください。

【 出典 https://konmari.jp/ 】